展示内容

板東俘虜収容所の生活と板東の人々のくらし
映画「バルトの学園」ができるまで
収容所後の交流について
ドイツ兵を偲ぶ会

営 業 日:月~木、金曜日  営業時間:10時~16時
見学料:
大人(18才以上)無料   子供(18才未満)無料
※施設の維持管理にご協力いただける方は、100円を頂いております。
※完全予約制です。お申込みはこちら

*なぜ「豊の部屋」なのか?

 1960年に,ドイツ兵の墓守をしていた地元の高橋夫妻の行動がドイツに伝わり,感謝状が板東に送られてきたことにより,ドイツ人元捕虜の子孫たちと板東の人たちとの交流が復活しました。祖父・林豊と捕虜の人たちとの交流の始まりは15歳の時に遡ります。祖父は,板東俘虜収容所に郵便配達をしていて,実際に捕虜の人たちと交流をしていました。最初は捕虜の人たちを怖がっていた祖父も捕虜の人たちの優しさにふれ,心を通わせていきました。そして大人になった祖父は,地元の人たちとともに,「ドイツ兵を偲ぶ会」を立ち上げました。ドイツに自分たちが作ったビデオを送ったり,元捕虜の子孫たちが鳴門に来たときには会いに行って交流を深めました。父・林啓介は,祖父の話から板東俘虜収容所での出来事に興味を持ち,研究を始めました。その後生涯にわたり,板東俘虜収容所に関する書物などを多く書き伝えてきました。そのような祖父や父の想いを受け継ぎ私自身も三世代にわたる交流を伝えていこうと決意し,「豊の部屋」を開設することにいたしました。
 「豊の部屋」では三世代にわたる交流や板東俘虜収容所での出来事,日本で初めてベートーベン作曲交響曲第9番が演奏されたこと,現在に至るまでの経緯など後生に伝えたいことをまとめて展示いたします。ドイツ館とは違う視点から,交流の様子をお伝えできればと考えています。また,俘虜収容所跡など板東に残る名所の案内もいたします。たくさんの方に板東俘虜収容所での出来事を知っていただければ幸いです。講演依頼についても受け付けています。内容について興味を持たれた方はぜひご連絡ください。今後開予定である,板東の「豊の部屋」にもぜひお越しください。お待ちしています。よろしくお願いいたします。


PlayPause
Slider

アクセス

 板東駅より徒歩10分

展示見学・地域案内お申込み

○「豊の部屋」では、完全予約制によりお客さまに展示物・書籍等をご覧頂けます。
○「バルトの楽園」をはじめ、板東俘虜収容所に関するDVDを鑑賞していただけます。

○「ドイツ館」など、板東地域の案内も行っております。

電話でのお申込み(10時~16時)も受け付けています。TEL 090-9557-4414